スタッフとともに、患者さん中心の、優しい治療を心がけております。歯科治療をつうじて患者さんの心身の健康増進に役立つことが我々の医院理念です。

歯周病治療

詳しくはコチラ

もちろん治療も大切ですが、歯周病治療のキーポイントは歯周病の再発を防ぐことにあります。

予防歯科

詳しくはコチラ

何歳になっても、健康な歯と歯ぐきのある人生へ。あなたも「歯が悪くならない生活」を始めませんか?

インプラント

詳しくはコチラ

インプラントを使い、負担を受け止めさせることで、残された歯の負担を減らし、長持ちさせることが可能になります。

審美歯科

審美歯科とは、総合的な口元の美しさを修復するための歯科治療です。歯を白くしたり、 事故で欠損した歯を他の歯と変わりなく治療したり、目立ってしまう詰め物を目立たない詰め物にしたりと、 治療方法はさまざまあります。

せっかく歯科治療で歯の欠損を治したとしても、見た目がいかにも金属を埋め込んだ、というものでは不満が残ります。
審美歯科では、保険外治療が多いものの、見た目がとても自然で治療の痕跡が分りにくいため治療後の満足感は格段にあがるはずです。

治療の種類
オールセラミッククラウン
オールセラミッククラウンとは、全体がセラミック(陶材)製の単体のかぶせもののことです。
これは、歯を1〜1.5ミリほど削り、その上にオールセラミッククラウンをかぶせることで、 歯並びやかみ合わせだけでなく、見た目も美しく変えます。
つまり、短期間で美しい口元に変えたいという方に適した治療法と言えます。使用するセラミックは、天然歯と同じくらいか、
それ以上の強度がある陶材です。金属アレルギーの心配はなく、 歯と歯ぐきの境目が綺麗に仕上がります。また、変色がなく透明感があります。
セラミッククラウン
金属でできたフレームにセラミック(陶材)を焼きつけて作るかぶせもののことです。
オールセラミッククラウンと違い、金属とセラミックを使用します。 セット後の満足度が高い、現在最もポピュラーな歯の治療法です。 色の変化もありません。
セラミックインレー
セラミックインレーとは、セラミック(陶材)製の詰め物のことです。
虫歯治療後などの金属の詰め物が気になる方や、虫歯治療をした部分を埋める場合に用います。 セラミックインレーは、ご自身の歯と同じ色で作製されるため、歯の自然な美しさに仕上がります。 治療費は、やや高くなりますが、詰めた部分の仕上がりが美しく、変色がないので、自然な仕上がりを求める方にはお勧めです。

セレック治療

詰め物をたった1回の来院で、白く目立たないセラミックの詰め物に治すことのできる、
最先端技術を駆使した新しい審美治療法です。

ドイツ製の光学印象用カメラで口腔内を撮影するだけ。

セレック 5の特徴
特徴 11回の来院で治療終了させることができます。
セレック3Dは修復物の設計から製作まで全てコンピュータで行うことにより、 技工ステップの省略をはじめ作業ステップの削減や短縮が可能で、製作時間が大幅に短縮できます。
そのため患者様の通院回数を減らすことはもとより、1回の治療で全ての治療を行う「One Day Treatment」も可能です。
特徴 2型取りが不要
オールセラミックによる歯の修復が、従来のセラミック治療と比較して低価格で実現できます。
特徴 3金歯銀歯もキレイな白い歯に
これまで気になっていた金歯や銀歯も短時間で白く輝くセラミックに換えることができます。 セレック修復で使用されるセラミックは歯質に良く似た色調と透明度をもち、かつ金属を使用しませんので歯肉の黒化やくすみがなく、自然感あふれる修復物の製作が可能です。
特徴 4金属アレルギーの方にも安心
製作する修復物には、体に優しい非常に高品質のセラミックを使用します。 このセラミックは本物の歯とは見分けがつかず、天然歯と同じように磨り減るという特性を持っているものを使用します。
セレック3Dは金属類を使わず、セラミックだけの修復法のため、金属アレルギーの心配もありません。
天然歯とよく似た強度と性質を持ち、噛み心地や舌触り、色合いの感触も自然です。

※歯科金属アレルギー 〜メタルフリー治療〜日本の保険制度で使用されています。 歯科金属の多くはイオン化して溶け出しやすく、唾液、口腔細菌、血液などのタンパク質と結合して抗原性(アレルギー性)を持つようになることがあります。
特徴 5優れた耐久性
これまで気になっていた金歯や銀歯も短時間で白く輝くセラミックに換えることができます。 セレック修復で使用されるセラミックは歯質に良く似た色調と透明度をもち、かつ金属を使用しませんので歯肉の黒化やくすみがなく、自然感あふれる修復物の製作が可能です。

小児歯科

― 歯が悪くなるのは、毎日の生活習慣から始まる! ―

現代の多くの子どもたちは、軟食や咬むことが減ったため、確実に顎が小さくなっています。
顎が小さいということは、永久歯が稀にして生えてくるスペースが足りなくなり 歯並びが悪くなる傾向があります。
乳歯と永久歯が混在している小学校時代、歯並びが悪いと虫歯が出来やすく、歯ぐきの炎症、歯周病も起こりやすくなります。

早い段階で矯正をしたり、虫歯を治し、きれいな永久歯を守っていくことが大切です。

日常の癖に要注意!! 悪習慣チェック
・指しゃぶり ・口呼吸
・頬杖 ・爪を咬む、唇を巻き込む
・うつぶせ寝 ・姿勢が悪い
・くちゃくちゃ音をたてて食べる ・舌の癖

ホワイトニング

ホワイトニングとは、薬剤を歯の表面に塗布して歯を白くする方法です。

歯が変色する原因は大きく分けて3つあります。コーヒー、紅茶、赤ワインなどの色素が歯の表面に付着した「表面の汚れ」、「加齢、遺伝による変色」、「歯の内部構造からの変色」です。 表面の汚れは日ごろの歯磨きで防げますが、加齢による変色や、ひどくなってしまった表面の汚れは、お家での歯磨きで取り除くことができません。 本来の白さを取り戻したい方にはホワイトニングをお薦めします。ホワイトニングには、医院で行うオフィスホワイトニングと、お家で行うホームホワイトニングがあります。

ホワイトニングで使われる薬剤は過酸化水素です。
過酸化水素はけがをした時の消毒剤として使われる安全な薬剤です。多くはオキシドールの名で知られています。

歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)導入

マイクロスコープは裸眼の20倍の視界が得られます。
そのため診査診断の質の向上、治療の質の向上が期待できます。

例えば、裸眼で認識できないようなヒビが歯の根に入ってると、根の治療に時間がかかるが、治らず抜歯になってしまう事もありました。
治療の初期段階でマイクロスコープを用いることで、根の破折を発見できれば、治療期間も短縮されます。

また、歯の根の治療においても、とても有用です。
20倍まで拡大できることで、細かい根管の内部の感染部分を正確に除去することができます。
よって、治療の精度が上がり、歯の寿命を延ばします。

このように細かい部分を正確に診て治療の質が向上し、再治療のリスクを減らし、患者さん方の役に立てます。